ABOUT

日本を旅する女性たちへ、ささやかな物語をお届けします。 ◯うぐいすの初鳴日 〜旅と手工芸〜 古くから日本で親しまれてきた、うぐいす。うぐいすの初鳴日とは、春にはじめてうぐいすが「ホーホケキョ」とさえずるのを聞いた日のことをいい、昔も今も日本人が季節の変わり目を知る、手がかりのひとつにもなっています。 「うぐいすの初鳴日」では、女性が人生の大切な選択を迫られる節目を、季節の変わり目と表現します。どこに住み、どのように働き、誰と何を大切に想い生きていくのかー。人生には多くの選択がつきものです。このブランドは、そのような季節変化を機に慣れない環境で頑張る女性に、ちょっとしたプレゼントを贈り、応援したいという気持ちで運営していきます。季節の変わり目の旅立ちの前に、まるで優しくうぐいすが鳴くように。 —— つくってるひと : 鈴木 晴渚 静岡県生まれ。東京造形大学テキスタイルデザイン学科卒業。 ネコ好き。のんびりしています。旅がすきです。普段も染めの仕事をしています。 東京の美術大学時代に京都へ行き伝統工芸(織物)を学ぶ。その後、伝統的な染織技術が残っている産地や最先端の技術で織られているテキスタイル産地を訪ねて全国を巡る。大学卒業後、古き良き日本文化が多く残る場所のひとつである、信州北アルプス山麓に拠点を置き、半自給自足の田舎暮らしを始める。養蚕や綿花栽培をして繊維を研究しながら、全国各地の職人の方々、特に京都在住の師匠とやり取りを続け染織技術を教わる日々を重ねる。 ご協力 Textile adviser : 柴田 祐史様 Toral : 高野 一樹様 Writer (Concept Top of page) : こやま ちさ様 Assistant : 鈴木すぐる様 Photographer (Top of page) : 小穴 啓介様 、高野一樹様 Writer (Concept & Profile) : 浅田 よわ美様 Stylist & Hair and makeup : 浅田 よわ美様 Model : 高野 優海様、鈴木晴渚